研修のための研修からの脱却 Helping Hands Program ヘルピング ハンズ プログラム研修のための研修からの脱却 Helping Hand Program ヘルピング ハンズ プログラム

今までになかった
新たな企業研修のスタイル

企業や従業員のPurpose(存在意義)
に立ち返ることができる、
CSR研修を融合したプログラムです。

「Helping Hands プログラム」とは?
3つのポイント

「Helping Hands プログラム」とは? 3つのポイント

img

「Helping Hands プログラム」は、チームビルディング系研修の実施には欠かせない「(研修時間内に行う)体験ワーク」をこのプログラムに置き換えることで、

  • ①職務における目的志向(Purpose Driven)意識が高まり
  • ②研修における学びの質が向上
  • ③発展途上国・貧困国で手を失い苦しむ方々に「義手」が寄付される仕組み

を特徴とするプログラムです。具体的には、プログラム参加者がチームとなって力を合わせて「組み立て型の義手キット」を完成させ、「想いを表現したイラストや写真をパッケージング」し、それを発展途上国・貧困国で「手を失い苦しむ方々に寄付する」までのリアルな事業活動をプログラムの中で実体験でき、そのプロセスを研修の中核ワークとすることで日々の組織活動に必要な「目的志向(Purpose Driven)意識」「チームワーク意識」「リーダーシップ意識」「エンドユーザー視点での仕事」などをリアルであるがゆえの深い腹落ち感とともに学べる点が最大の特徴です。
米国では2008年に「Helping Hands プログラム」がスタートし、Google・Microsoft・Facebookなど有名な大企業を中心に次々と採用され、すでに55,000本を超える義手が研修ワークの成果物として完成し、発展途上国・貧困国で手を失い苦しむ方々に寄付されており、今もなお支持を増やし、広がり続けています。

従来の体験学習型研修との違い

HHP 従来の体験学習型研修
ビジネスライク ◎エンドユーザーの為のリアルな体験 △擬似体験からの学びの抽出
時 間 ◎1.5時間~可能 〇半日~数日
場 所 ◎会議室やオンラインで実施可能 〇オフサイトや合宿型が主流
金 額 〇通常研修の費用+義手キット代 △移動費や宿泊費が必要
対 象 人 数 ◎大人数でも実施可能 〇少人数にファシリテーターが必要
効果(研修後の行動変容) ◎リアルな体験ゆえの業務改善に直結 〇一般化して日常業務に繋げる難しさ
反響度(満足度) ◎約80%の企業がリピートでの実施 ?

あなたの会社には、この様なお悩みはありませんか?

Helping Hands プログラムは
知性、知識、能力を広げ深めます。

■お客様の声

■研修の流れ(1日研修の一例)プログラムを実施する意図や目的により、内容、使用するスライドや振り返りの方法を変更してカスタマイズします。

  • 導入ワーク

    研修のテーマの概念や理論をきちんと学ぶことに加えて、自己認識を深めたり、個人の仕事における価値観を探究するワークを実施します。

  • 義手の組み立て

    3~5名/1チームで役割に分かれて義手を作り上げます。

  • 対話による振り返り

    研修目的に合わせた問いに対して、メンバー同士が対話により理解を深めていきます。

  • 日常業務との橋渡し

    日々の仕事に活用できるように「研修の学びを一般化」して、具体的な行動案に落とし込んでいきます。

  • ギフト(義手を送り届ける)

    完成品は当社が品質チェックを行い、パートナーシップを結んでいる米国Odyssey teams, inc.※を経由して義手を必要とする人々へ贈られます。

  • img
  • img

※米国Odyssey teams, inc.はNPO団体が主催する「LN4 Hand Project」の活動に協賛し、義手が必要な方々へ完成品を無償で提供するイベントを世界各国で行っています。

結果を出すため、
最適なアプローチを提案します。

オンライン個別相談会(随時受付)

担当者が個別にお話を伺います。対面の打ち合わせをご希望の際は、お問い合わせの際にお伝え下さい。相談会終了後、対話の内容を踏まえて、研修内容をご提案致します。

所要時間:1時間程度
費  用:無料
Zoomを使用して実施致します。
日程調整後に担当者より詳細情報をお送り致します。
お申込

無料プログラム体験会

Helping Hands プログラムを実際に体験して頂きます。イメージを持ちにくい方や社内のメンバーに具体的に説明したい方などプログラムにご興味のある方はどなたでもお気軽にご参加下さい。

2021年8月4日(水)
開催時間:10:00~11:30
2021年9月8日(水)
開催時間:15:00~16:30
所要時間:1時間30分程度
参加人数最大:5名
会  場:株式会社ホープス アクセスはこちら
※1社最大2名様まででお願い致します。
※同業社様のご参加は、ご遠慮下さいます様お願い致します。
※コロナウィルス感染拡大の状況を鑑みて、中止にさせていただく場合がございますので、予めご了承下さい。
お申込

株式会社ホープスとは?

アスリート向け研修の国内最大実績を誇る人材育成企業です。その顧客には読売ジャイアンツ・東京ヤクルトスワローズ・阪神タイガース・埼玉西武ライオンズ・千葉ロッテマリーンズ・日本陸上競技連盟などを有し、アスリート向け研修の実績は480回・10,000名を超えています(いずれも2020年10月末日現在)。国内では珍しいアスリート向け研修の豊富な実績を評価され、近年は多くの国内企業・自治体・学校法人からチームビルディングやコミュニケーション、目的・目標意識といったアスリート育成ノウハウを応用した研修を受注しております。

■主な取引先(一部抜粋) アイシン精機株式会社・株式会社高島屋・株式会社ニューバランス・ジャパン・西松建設株式会社・日本調剤株式会社・ホクト株式会社・JA全農(全国農業協同組合連合会) その他多数

代表者:坂井 伸一郎 所在地:〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-25-5 BIZ SMART代々木342号

Helping Hands プログラム 担当者の紹介

足立 潤哉
株式会社ホープス 執行役員
Helping Hands プログラム Client Success Supporter
Helping Hands プログラムの国内への導入から、プログラムの改善、ファシリテーションを手がける

■経歴
2009年、関西大学総合情報学部を卒業し、株式会社デンソーに入社。 2015年、同社を退職、そして渡米してEastern Illinois University 大学院 Kinesiology and Sports Studies 専攻修士課程に入学、同課程を修了して帰国。帰国後は企業向け研修会社での講師を経て、2018年に株式会社ホープス入社。現在はリーダーシップ・チームビルディングなどヒューマンスキル系の研修講師として登壇しながら、人材育成の新たな形やサービスの探索・開発を担当している。

■担当者より
Helping Handsプログラムにご興味を持って頂きありがとうございます。2019年9月に国内でプログラムをローンチさせた時は反応が薄かったですが、少しずつ認知が広がり支持して下さる方々が徐々に増えてきました。そして約1年が経った2020年11月に、「HRアワード2020」プロフェッショナル 組織変革・開発部門で最優秀賞を受賞することは、国内導入に向けて着手した当時は夢にも思っていませんでした。 サポートして下さっている方々には、この場をお借りしてお礼申し上げます。そして、今後も人材育成を通じた「より良い社会の実現」に向けて、少しでも貢献できるように活動を続けてまいります。

Helping Hands プログラム 担当者の紹介 足立 潤哉 株式会社ホープス 執行役員

アスリート向け研修の国内最大実績を誇る人材育成企業です。その顧客には読売ジャイアンツ・東京ヤクルトスワローズ・阪神タイガース・埼玉西武ライオンズ・千葉ロッテマリーンズ・日本陸上競技連盟などを有し、アスリート向け研修の実績は480回・10,000名を超えています(いずれも2020年10月末日現在)。国内では珍しいアスリート向け研修の豊富な実績を評価され、近年は多くの国内企業・自治体・学校法人からチームビルディングやコミュニケーション、目的・目標意識といったアスリート育成ノウハウを応用した研修を受注しております。

■主な取引先(一部抜粋) アイシン精機株式会社・株式会社高島屋・株式会社ニューバランス・ジャパン・西松建設株式会社・日本調剤株式会社・ホクト株式会社・JA全農(全国農業協同組合連合会) その他多数

代表者:坂井 伸一郎 所在地:〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-25-5 BIZ SMART代々木342号

Helping Hands プログラム 担当者の紹介

Helping Hands プログラム 担当者の紹介 足立 潤哉 株式会社ホープス 執行役員

足立 潤哉
株式会社ホープス 執行役員
Helping Hands プログラム Client Success Supporter
Helping Hands プログラムの国内への導入から、プログラムの改善、ファシリテーションを手がける

■経歴
2009年、関西大学総合情報学部を卒業し、株式会社デンソーに入社。 2015年、同社を退職、そして渡米してEastern Illinois University 大学院 Kinesiology and Sports Studies 専攻修士課程に入学、同課程を修了して帰国。帰国後は企業向け研修会社での講師を経て、2018年に株式会社ホープス入社。現在はリーダーシップ・チームビルディングなどヒューマンスキル系の研修講師として登壇しながら、人材育成の新たな形やサービスの探索・開発を担当している。

■担当者より
Helping Handsプログラムにご興味を持って頂きありがとうございます。2019年9月に国内でプログラムをローンチさせた時は反応が薄かったですが、少しずつ認知が広がり支持して下さる方々が徐々に増えてきました。そして約1年が経った2020年11月に、「HRアワード2020」プロフェッショナル 組織変革・開発部門で最優秀賞を受賞することは、国内導入に向けて着手した当時は夢にも思っていませんでした。 サポートして下さっている方々には、この場をお借りしてお礼申し上げます。そして、今後も人材育成を通じた「より良い社会の実現」に向けて、少しでも貢献できるように活動を続けてまいります。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。



Helping Hands プログラム
お申込・お問い合わせフォーム



    必須 無料個別相談会のお申込2021年8月4日 無料体験会のお申込2021年9月8日 無料体験会のお申込お問い合わせ
    必須
    必須
    必須
    必須
    必須

    当社プライバシーポリシーimgに同意頂ける場合は

    「同意する」にチェックを付け「送信」ボタンをクリックしてください。